CopyDitect

Bizアカウントログイン

文章のコピーチェックや盗用チェックに。

Web上の全ての文章と照らし合わせ、盗用が無いか素早く正確にチェックします。
購入した記事のコピーチェックから、自社コンテンツの無断転載の確認まで用途は様々。

あと「」文字入力できます。

お知らせ

Information

コピペチェックツール「CopyDetect」は、Webマーケティングコンサルティングの株式会社Coreが提供しています。

CopyDetectの特徴

  • コピー重複率が一目で分かる

    コピー重複率が一目で分かる

    独自のアルゴリズムでWeb上の全ファイルを対象にコピーチェック。高い検知力を元に抽出した類似Webページの類似度を計算し、分かりやすく表示。 文章の重複率が表示され、他Webページの文章とどの位被るのか数値で判断できます。一致率が30%を超える場合は、コピーの疑いが高い傾向にあります。

  • コピペ箇所が一目で分かる

    コピペ箇所が一目で分かる

    文章の重複・コピペが一致する箇所はオレンジ色でマークアップし、表示。 マークアップされた文章は他Webページと一致する箇所である為、コピペの疑いが高く、直感的にコピペ箇所を把握できます。又、CopyDetectは「完全一致」のコピー検知方法を採用。 誤判を避けつつ、僅かなコピペも見逃さないコピペ精度を備えています。

  • 重複した文章を一覧で目視チェックできる

    重複した文章を一覧で目視チェックできる

    複数のWebページと文章が重複した場合、文字が被る文章のみを一覧で表示し、目視で一気にチェックする事でコピー・アンド・ペースト有無の判断をより正確に、素早く行えます。

  • 少ない文字数のコピペも見逃さないソート機能

    少ない文字数のコピペも見逃さないソート機能

    文章全体に対する重複・類似の比率から割り出すコピペ判定とは別に、一致する文字列の「連続文」でソートする事で、 一文や二文の引用・抜粋が入っている場合も検出できます。

  • Wordpress向けのコピペチェックプラグイン

    WordpressのプラグインやAPIもご用意

    コピーチェックエンジンを外部から利用できるAPIも用意しております。Wordpressの専用プラグインとAPIを利用する事で、自社サイトから気軽にコピペチェックを行えます。
    記事公開前のコピーチェックから、自社コンテンツの盗用監視などAPIの用途は様々。
    ※WP向けプラグインは無料でご利用頂けます。詳しくはこちら

有料版CopyDetectのご案内

  • 100ポイント

    3,200円/月
    • 100ポイント
    • 1ポイントあたり¥32
    • 最大10万文字
    • 初期費用無し
  • 500ポイント

    14,000円/月
    • 500ポイント
    • 1ポイントあたり¥28
    • 最大50万文字
    • 初期費用無し
  • APIプラン

    14,000円/月
    • 500ポイント
    • 1ポイントあたり¥28
    • 最大50万文字
    • 初期費用無し

最低契約期間は3ヶ月~

プラン・ご契約に関する詳細

CopyDetectの利用シーン

  • ライターが執筆した記事をコピーチェックするライターが執筆した記事をコピーチェックする

    昨今、企業がWebメディアを運営し、ノウハウやTIPSを提供する事で新たな顧客を獲得する「コンテンツマーケティング」というマーケティング手法が注目されています。 自社で記事を書くことが難しい場合、外部のライターに記事の執筆を依頼する事がありますが、入稿された記事をそのまま自社メディアに掲載するにはリスクが存在します。 万が一、記事の内容が既存の他著作物と類似していたり、文章の一部がほかの引用であるにも関わらず引用である事が明記されていない場合、知らず知らずに著作権を侵害してしまう可能性があります。 記事内容のチェック(校正・校閲)とは別にコピーチェックをWeb公開前に行い、著作権の侵害などを未然に防ぎます。

  • 自社の著作物が盗用されていないかチェックする自社の著作物が盗用されていないかチェックする

    自社Webサイトに掲載していたコンテンツ(文章)が無断で盗用・引用・転載されていないかを確認する事ができます。 長い時間と労力を掛けて書き上げた文章でも、右クリックで簡単にコピーされ、コピーした本人があたかも自分で書いたかのように他サイトに掲載する事も珍しい事ではありません。 又、コピペされた側にも関わらず、コピーした文章を掲載しているWebサイトの検索順位が上位に表示される事もあり、文章だけに留まらず、トラフィックまで奪われる可能性もあります。 ソーシャルメディアなどで多くの反響やシェアを得たコンテンツや、獲得トラフィックが著しく変動したコンテンツ(ランディングページ)はコピーされる・された可能性が高い為、定期的にコピーチェックし、盗用をいち早く発見する必要があります。 GoogleやFacebook、TwitterなどはDMCA(デジタルミレニアム著作権法)に基づく申し立てを受け付けており、コピペサイトをいち早く通報する事で、トラフィックの減少損害を回避できます。

  • 論文やレポートの剽窃チェック論文やレポートの剽窃チェック

    論文など学術的な文章でも盗用やコピペが見つかる現在、学生自ら論文を提出する前に剽窃が無いか確認する事が求められています。 意図しない文章の抜粋であったとしても所定の引用方法では無い場合、剽窃として判定され、資格の剥奪や単位の取り消しなどや退学などの処理も考えられます。 卒業論文の提出前には念のため類似・一致文が既存の著作物に無いか確認すると良いでしょう。 CopyDetectは、ソフトウェアのインストールの必要は無く、Webブラウザから簡単に剽窃チェック頂けます。

  • Webサイト内の重複・類似・コピーコンテンツを抽出Webサイト内の重複・類似・コピーコンテンツを抽出

    コンテンツ内容が類似もしくは一致するコンテンツが同一のWebサイト内に複数存在する場合、Googleは重複コンテンツとして見なし、サイトドメイン評価を下げる傾向にあります。 SEO対策の一環として、Webサイト内からGoogleにindexされている重複コンテンツをCopyDetectで抽出し、noindexやcanonicalの付与先をリストアップ出来ます。 また、サイト内にコピーコンテンツが無いかを確認する際にもCopyDetectを利用頂けます。 覧ページの重複インデックスの検出から、過去記事の二重投稿抽出などWebメディアを運営するに辺り必要なSEO施策のツールとして利用可能です。 コピペチェックAPIも用意しており、自社開発のサイト内巡回クローラーへの組込みも可能。半自動的にコピーコンテンツをサイト内から探す事が可能です。